35歳までにやりたいこと|第二起業日記

  • シェア
  • twitter
先日34歳になりました。気付けば、僕も30代半ばになってきて、将来について夫婦で話し合う機会も増えました。

こんな時代に生きる20代~30代、40代の人間として、これからどう自分の人生を切り開いていくべきなんだろう。
社内はこんなテーマの話題で1月から本格的に話し合っています。

そこで、僕が35歳までにやりたいことを実際に行動している様子をUPしていきたいと思います。

目次

  • 35歳までにやりたかったこと
  • ワークライフバランスより、ワークアズライフ
  • 1つの仕事を一生やる時代じゃない
  • ポートフォリオ労働
  • 自分の中での新しい動きをする。脱現状維持。
  • 次回予告

35歳までにやりたかったこと

第二起業しちゃう。

35歳までにしたかったことは「第二起業」です。
第二起業とは、今しているアパレルのお仕事とは違うことで、2回目の起業をすることです。

27歳~現在の34歳までの7年間しているアパレルのお仕事は、中学生のころからの夢だったアパレルのお仕事を実現しました。
この第一起業は、親のチカラを借りて実現することができました。専門学校には学費は親が出してくれたからです。

ということは、第一起業は半分は親のサポートがあったからこと出来たことだと思っています。
第二起業は、自分だけのチカラで起業することが大前提です。

35歳までに、このアクションを起こせば、おそらく40歳ごろには新しい価値観や知識や技術がある、新しい自分になれていると思います。

といっても、第一起業のアパレルを疎かにするという意味ではありません。
九州で初めてのお洋服の月額レンタルサービスを行っているセレクトショップなので、この分野では佐賀県1位を狙ってます。

ワークライフバランスより、ワークアズライフ

仕事とプライベートは切り分けなくて良い。

個人的な価値観の話ですが、僕は「ワークライフバランス(注1)」は必要ありません。
「ワークライフバランス」とは、ウィキペディアでは「仕事と生活の調和」と訳されてます。

僕の考えでは、仕事は生活の中の一部です。生きていく中で、寝ている時間を除けば仕事をしている時間が圧倒的に多くなります。
であれば、その仕事を無理に切り離そうと思うとキツくなります。今の世の中、SNSで24時間ネットと繋がっている時代なので、プライベートの時間でも仕事関連の情報がスマホで出てきているでしょう。

この現実から目を背けて、無理に仕事とプライベートの時間を切り分けようとするからストレスを感じてしまいます。

だから、僕は「ワークライフバランス」ではなくて「ワークアズライフ」という、「睡眠以外は、全て仕事」の方が正確に合っています。

※注1 ワークライフバランス wiki

1つの仕事を一生やる時代じゃない

ロボットやAIと共存する

これも僕の主観です。僕は、1つの仕事を一生やる時代じゃないと思っています。(というか性格的にそう)

これだけ時代の流れがスピーディーで速い時代は、時代に追いつくので精一杯です。
今まで仕事として成り立っていた仕事が、ロボットで代替えされてしまう時代になります。
レジ係さんも必要なくなるし、”作業”として成り立つ仕事はどんどんロボットになっていきます。

であれば、1つの仕事がこれからもずっと未来に仕事として成り立っているかわからなくないですか?スマホでこんなに時代が変わるなんて誰も思って無かったと思います。僕は、買い物の時に現金での支払をほとんどしなくなって、今は”LINE pay”もしくは”クレジットカード”です。重たい財布を持ち歩かなくて良いです。ポイント還元も圧倒的に現金より良いです。

オックスフォード大学が認定 あと10年で「消える職業」「なくなる仕事」
http://gendai.ismedia.jp/articles/-/40925

ポートフォリオ労働

いろんな肩書きがある自分

僕のいう”ポートフォリオ労働”とは、よく見る下のようなグラフ?の形で、僕自身の仕事を考えることです。
この場合、今の僕はアパレル1つの仕事をしているので、100%がアパレルの仕事になります。

【今現在 34歳】

これを、35歳までにやりたい”第二起業”をすることで、こんな形にしたいと思っています。

【1年後 35歳】

そして、50歳までには、こうなっていたいと思っています。

【15年後 50歳】

ま、言ってしまえば、色んな副業をしている人という考え方になります。
今までは”副業”と言われる考えでしたが、おそらく”副業”という考えは近い将来になくなると思います。
”副業”している人が当たり前になる時代になると僕は思っています。

自分の中での新しい動きをする。脱現状維持。

アパレル+α

今行っているアパレルのお仕事に、どんなお仕事をプラスして、どんなアップデートをしようかなーと毎日考えています。

今のアパレルのお店「merci」のお客様にとって、相乗効果的に役立つモノが良いと考えています。

今、スタッフ皆で考えている新しい分野はこの5つです。

①教育
②SNS
③テクノロジー
④美しくいること
⑤結婚

こんな感じで、色んなリサーチやアクションを起こしていることろです。

次回予告

教育について

ということで、現状維持ではなく新しいことをどんどんやっていこうと思って「第二起業日記」を書いています。

お仕事で色々考えられている人にも、少しは参考になるかなと思っています。

次回は、ポートフォリオ労働の1つの候補である「教育」について書きたいと思います。
「教育」については、当店「merci」のお客様は”ママさん”が非常に多く、子供の未来について考えていたり、どんな習い事をさせるべきかと悩んでいたりします。

そんな「子供教育」について書きたいと思います。

今日も記事を読んでくださりありがとうございました。


@selectshop_merci


@merci_inc_

The following two tabs change content below.
企画係 松田潤

企画係 松田潤

CEO / Producermerci
『merciの世界観に足を踏み入れる女性が、物語の主人公として生まれ変わる”ありがとう”の溢れた空間を創り続ける!』というミッションを掲げて活動しています! 大阪の高校を卒業後、大阪モード学園でスタイリリングを学び、2011年8月に地元の佐賀で奥さんとレディースセレクトショップ『merci』スタートしました。経営企画やPRをはじめ、財務や採用までなんでもしています。 昔からオタク気質で、気になったらスグ調べものをするクセがあります。週末に小学5年生の娘と2人でモーニングをするのも好きです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

コメントはこちらをクリック

関連記事

最新記事

PAGE TOP
LINE it!