全員が泣いた。感動の『内定者披露宴』でした。

  • シェア
  • twitter

まさか、こんなにも感動して、全員が泣くことになるなんて思っていませんでした。
昨日、僕は今まで味わったことのない、緊張感からの感動。そして家族の温かさ。特別な感情を体験しました。そんなお話をしたいと思います。

目次

  • 内定は”婚約”と同じ
  • 内定者披露宴とは?
  • 娘が初めての就職
  • 全員が泣いた。感動の『内定者披露宴』
  • 最後に。

内定は”婚約”と同じ。

過ごす時間=人生そのもの

家族と過ごす時間や、友人と過ごす時間と同じくらい、いやそれ以上になるかもしれない”職場”での時間。

就職するということは、その働く職場や会社と本当にこれから一緒に生活していけるのか?と、結婚するくらい大切なコトだと捉えています。

『内定者披露宴(就職披露宴)』ってご存知ですか?

内定者披露宴とは?

娘と出会ってくれて良かったと言われる会社になる!

『内定者披露宴』とは、内定者(学生)のご両親をご招待して、会社への就職をお祝いをする会社の大きなイベントです。

昨日は、4月から入社する芦塚花恵と田中日菜のご両親をご招待して、ホテルニューオータニで披露宴を開催しました。

img1

娘が初めての就職

ご両親が感じる心配。

私たちが解決しなければならない大切なこと。それは、芦塚や田中のご両親の「心配」です。

2人のご両親にとって、初めての娘さんの就職です。

今まで人生の中心においていた子供が、いよいよ社会人となり、学校ではなく社会へ飛び出していきます。
成人したといっても、ご両親からすると大切に大切に育てた可愛い可愛い娘です。

どんな会社なんだろう。全然知らない会社だ。大丈夫か。
どんな人たちと一緒に働くんだろう。会ったことも無い他人だ。心配だ。
娘はやっていけるのだろうか。

こんな心配をされることは間違いありません。僕も10歳の娘がいるので少しは理解できます。

だからこそ、ご両親が「心配」から少しでも解放されて、少しでも「安心」していただき、応援していただきたいという想いで、このようなイベントを開催しました。

全員が泣いた。感動の『内定者披露宴』

いよいよ、披露宴開始10分前。

会場はホテルニューオータニ。開始10分前。先に会場に到着している西村千明と平田江吏子の先輩社員。そして、取締役の松田美奈子。普段と全く違う緊張感に表情も硬く言葉数も少なくなっている。そんな10分前でした。

フロントでお迎えをしている平田江吏子から1通のLINEが。

「ご両親が到着されました」

ピリッ!一気に緊張感が走ります。

全社員でお迎えをして、一人一人お名刺交換のご挨拶。僕たちもご両親も初めての体験からか、とても静まり返った緊張感のある空間でした。

平田江吏子の司会進行で、いよいよ「内定者披露宴」が始まりました。

私たちは、なぜ働いているのか。

自己紹介も兼ねて、私たちがメルシーという会社で働いている理由と、どんな目標があって、今何をしているのかを、1人1人発表しました。

ご両親に、どんな考え方をしている人たちと一緒に働くのかを知ってもらうためです。ご両親は、静かに僕たちの話を聞いてくださいました。

インターンでの活動を発表。

入社前から何か色々とお仕事しているけれど何をしているんだろうか?

そんな疑問を多く持たれているのではと思い、4月入社に向けて半年前からインターンとして実習にきている2人が今どんなことをしていて、この半年間での成長の様子をお話ししました。

そして、この半年間かけて2人が制作した『新卒採用パンフレット』を、初めてご両親へ披露しました。

初めてゼロから最後までやり抜いたお仕事に「本当に2人で作ったとね?」「これは凄いねえ」「お父さん、これは宝物ね」とご両親も絶賛され、本当に嬉しそうでした。

「小さなころは、こんな子だったのに、いつのまにかこんなことが出来るようになっているんだね」と、そこには温かい眼差しで娘さんを見つめるご両親がいらっしゃいました。

日々、同じ時間を過ごす先輩からご両親へ。

芦塚と田中が、日頃一緒に働いている一番身近な、西村や平田から、ご両親へこんな様子でいつも頑張ってくれてますよと近況をご報告しました。

ご両親も謙遜こそされますが、娘の頑張っている様子を知ることができて少し安心してくださったように感じました。

これから働くにあたって、具体的な就業規則の部分にも触れて、少しだけ条件面のご相談などもさせていただき、メルシーらしい腹を割ったお話もできました。

娘さんの昔話などで盛り上がり、当時はこうだったよ、こんなことしてきたよなんて、お二人の成長の過程を僕たちも知ることができて、ご両親様からのお話も楽しく伺うことが出来、笑顔と笑いの溢れる楽しい時間でした!

娘からご両親への手紙

楽しく盛り上がってきたところで、芦塚と田中から、今まで育ててくれたご両親様に感謝の気持ちの手紙を読みました。

たのしかったことや、つらかったこと、喧嘩したことなど、家族だからこそ普段恥ずかしくてなかなか言えない感謝の気持ちを伝えました。

手紙を読みながら涙で言葉を詰まらせ、想いを伝える姿に、会場にいる全員が涙しました。

「今までありがとう。今の私はお父さんお母さんがいるからです。これからは学生とは違って、社会人として人の役に立てる人になります。これからも宜しくね。」普段言えない言葉に、ご両親も胸を打たれたと思います。

「お父さん、また宝物が増えたね」そうおっしゃるお母様の眼がしらも熱く、心が温まりました。

経営者から学生へお手紙

経営者である松田美奈子から、芦塚と田中へお手紙を読みました。

これから一緒に人生を過ごしていく2人に、感謝の気持ちを伝えることで、彼女も涙で溢れました。

一緒に働いている時間は、どうしても業務的な話ばかりになって、なかなか言えない感謝の気持ちを2人へ。素直な気持ちを伝えました。

動画はコチラから

経営者からご両親様へメッセージ

株式会社メルシーという会社がどこにむかって、僕は何を実現しようとしているのか。

その大きな未来とビジョンを語りました。この船に娘さんは乗組員として乗ることを決断してくれましたと。

まだまだ小さい会社だから出来ることは沢山あります。こんな会社じゃないと出来ないことがあります。ご両親様が少しでも安心して応援できる会社になれるよう、努力し続けることを誓いました。

ご両親からの『安心しました』という有難いお言葉

涙涙の後半戦を締めくくるのは、お父様から娘へのお言葉。

愛のある厳しさでもあり、でも可愛くて仕方ない愛娘。その娘が社会人として旅経つ。

「すいません、私は正直不安でした。ただ、今回お招きいただいて皆さんとお会い出来て、安心できました。ありがとうございます。娘をよろしくお願いします。」

そう強い想いが込められた言葉を、真っ直ぐの眼差しで伝えていただき、僕が物凄い熱い想いがこみあげてきて、涙が出そうになりました。

さっきまでは、、、

どんな会社なんだろう。全然知らない会社だ。大丈夫か。
どんな人たちと一緒に働くんだろう。会ったことも無い他人だ。心配だ。
娘はやっていけるのだろうか。

こんな不安があったけれど、皆さんとお会い出来て、どんな考えをされて、どこに向かって言っている人たちなのか。
それが知れて、正直安心いたしました。と。

僕が人の人生を変えている事実と向き合う

僕たちが行っている新卒採用とは、学生と、その家族の人生を大きく変える重要なこと。

そんな重要なことを僕はやっているんだという、物凄く重い事実を受け止めて、それを背負う覚悟はあるのか?
この「内定者披露宴」では、その覚悟が問われます。

今回の「内定者披露宴」でご両親様との貴重なお時間をいただいて、僕はこのイベントを毎年すると決意しました。しなければならない使命感を感じました。

一緒に働く仲間にも、そのご家族にも応援してもらえる会社にしていきたいと心から感じました。

最後に。

人に可愛がられる才能を持って、聞きやすい心地よい声の持ち主で、社会人としてのマナーも心得ている平田が、彼女らしく心地よい司会進行をしてくれました。会場の手配、準備なども、完璧にやってくれました。

責任感と安定感と力強さで、店長として身近で一緒に働く西村千明が、働く女性・働くママとして、私がモデルケースになれるように、責任もって2人をサポートして、2人の未来を2人が自分で描けるように一緒に頑張りますと、ご両親さまへ話をしてくれました。彼女無しのmerciはあり得ません。

実際に一緒に働く先輩の姿が本当に頼もしく、僕にとって自慢の社員をお披露目する機会でした。
また芦塚や田中が来年の内定者披露宴でステキな先輩になっていることが楽しみです。

本当に素晴らしい時間を過ごせました!
ご参加いただいた皆様ありがとうございました!

2018年新卒採用募集中!

1年目の新人で商品企画・バイヤー・プレスまでやれる!ファッションプロデューサーを募集!

株式会社メルシーでは、2017年新卒採用の2人に続いて、2018年度新卒採用も募集をスタートしております。

当社では、お客様に価値を最大限に届けていくために、今までのファッション業界の運営とは異なる、独自の運営方法を導入しています。

そこで、入社1年目の新人から、接客はもちろん、商品企画を行い、新しいアパレルブランドを創り出し、バイヤーとして展示会へ参加し、お客様にご提案することに挑戦出来る、ファッションプロデューサーを募集します!

具体的な募集要項はコチラ

【2018年新卒採用情報】1年目の新人で商品企画・バイヤー・プレスまでやれる!ファッションプロデューサーを募集!

エントリーご希望の方はコチラ

The following two tabs change content below.
代表取締役 松田潤
『60歳までに佐賀を女性の輝く街にする!』そんなミッションを掲げて活動しています! 大阪の高校を卒業後、大阪モード学園でスタイリリングを学び、2011年8月に地元の佐賀で奥さんとレディースセレクトショップ『merci』スタートしました。九州各地からオシャレSNS女子が集る『merci』の秘密兵器として、経営企画やプロモーション、社員教育を行っています。 昔からオタク気質で、気になったら調べものして研究するクセがあります。とにかく本を読むのが好きです。週末に小学5年生の娘と2人でモーニングをするのも好きです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

コメントはこちらをクリック

関連記事

最新記事

ブログの読者になると新着記事の通知を
メールで受け取ることができます。
読者登録はコチラ
LINE@で友達になると新着記事などの通知を
受け取ることができます。
LINE@友達登録はコチラ
PAGE TOP
LINE it!