働く女性が後輩教育に気を付けるべき「4種類」の教育|まとめブログ

  • シェア
  • twitter
働く女性

働く女性が抱える職場問題。

こんにちは!先日自己紹介させていただいた松田潤です。

働く女性が抱える職場問題は山積みです。僕が経営している会社「株式会社メルシー」もまだまだ課題は山積みです。この課題から目をそらさずに向き合うべきですよね。

とにかく日本の会社は忙しいです。次から次へと仕事があります。上司から突然仕事をお願いされたり、先輩の仕事を手伝ったり、自分の仕事を後回しにして人の仕事をたくさんしている女性も多いでしょう。

その悪循環の1つとして「教えてもらってない」ということはないでしょうか?

働く女性が、後輩の教育に気をつけるべき「4種類」の教育についてまとめてみました!

今当社が取り組んでいる大きなプロジェクトの1つです。

目次

  • 魔法の呪文「教えてもらってない」
  • 後輩教育には4つの種類がある
  • ①「何も知らない後輩」への教育
  • ②「知っている後輩」への教育
  • ③「理解はしている後輩」への教育
  • ④「だいたい出来る後輩」への教育
  • ⑤「より良く出来る後輩」への教育
  • ⑥「人に教えることが出来る後輩」への教育
  • まとめ

魔法の呪文「教えてもらってない」

あなたも言われませんか?言ってませんか?

働く女性

あなたも後輩や部下から言われたことありませんか?「教えてもらってない」という魔法の言葉。

「やり方を教えてもらってない」「見よう見まねで覚えた」「独学で覚えた」「教えて欲しいとお願いしても忙しいからと後回しにされた」などなど、日常茶飯事ではありませんか?
残念ながら、当社株式会社メルシーでもこれは日常茶飯事なんです。当社の大きな課題の一つなんですね。

ただし、新卒採用に力を入れだした以上、この問題を根本的に解決しなければならないと、今リアルタイムで僕がリーダーとなって根本解決を行っています。

先輩からの「背中を見て覚えて!」なんてのは、もうナンセンスなんですね。僕たちの時代は「先輩の背中を見て覚える」「自分でなんとかする」そんな”時代”でした。
でも、今は違います。それは今の学生たちには通用しません。だって、先輩たちよりも能力が高い子たちが山ほどいるからです。

小さい時からパソコンやスマホに触れて情報も沢山得ている。専門知識もある。学校の授業でプレゼン経験もある。海外留学もいける。僕たちの時代の学生たちよりも能力は高いんです。
そんな能力が高い学生からすると「なんて無駄なことをやってる会社なんだ・・・」「こんな会社なんだ・・辞めよう」ってなるわけですね。。

そんな若い力を最大限に活かすにも、新人の後輩たちが働きやすくなるように「教える環境づくり」をしなければなりません!
「教える」を後回しにしている以上、アナタが忙しさから解放されることはありません!

でも気をつけないといけないのは、「教えてもらってません」の一言で全てを解決しようとする後輩くん。

これは”やらなくてもいい言い訳”作りとして、この魔法の呪文を使っている可能性もあります。なんでもかんでも「教えてもらってません」と言う後輩は、気を付けて観察しましょう。
「教えてもらおう」という主体性が無く、成長する気がない子は、そもそも採用してはいけないのです。

後輩教育には4つの種類がある

放任は絶対にいけません!

後輩くんにいち早く一人前に成長してもらって活躍してもらうには、「教える」ことが必要です。放任をすることは絶対にやってはいけません!
その後輩が成長する教育には「4種類」あります。

【人が成長する4種類の教育】
1)ティーチング(教える)
2)トレーニング(やらせてみる)
3)カウンセリング(話を聞く)
4)コーチング(考え方を聴く)

この4種類を、どう活用していくのかを具体的にご説明します!

①「何も知らない後輩」への教育

いきなり「やってみて!」は絶対にダメ!

働く女性

常に移動中にもたくさんの情報に触れる世代の若者たちです。【知識を入れる→やってみる】という動き方をします。アナタもそうじゃありませんか?買い物に行く時なんかでも、どこに売ってるか調べてから出発しませんか?どこに行くか調べてから出発しますよね?それが当たり前の時代です!

そんな世代ど真ん中の子に、いきなり「とりあえずやってみて」は絶対にいけません!
残念ながら、当社はそんな状態だったんですね。。。涙。だからこそ、今本気で根本解決をしています!そのために、そのための部署を作ったくらいです!

「何も知らない後輩」への教育は、まず教えることから始まります。それが後輩くんが成長する原理原則です!

働く女性

  • マニュアルを使って教える。
  • 動画を見せて教える。
  • 勉強会をして教える。
  • 実際にやって見せて説明する。

このように子供に教えるような感覚を持ち、ティーチングすることが必要です。

「忙しくてこんな時間がかかることできない・・・」と思った方は気を付けてください!いつまでも忙しいから抜け出すことが出来ないですよ!

②「知っている後輩」への教育

知っているだけで理解はしてない。

働く女性

「知っている後輩」とは、知っているけれど、知っているだけで、目的・意味・仕方を正しく解ってはいません。
こういう場合は、”理解度の測定”が必要です。

  • 知識があるかペーパーテストをしてみる。
  • 技術があるか実施テストをしてみる。
  • 質問して答えてもらう。

など、後輩くんがどれぐらい理解して、どれぐらいわかっているのか測定してみましょう!
気を付けないといけないのが、どれぐらい出来たら良いのかを、ある程度示してあげることです。

まだその基準がないという方は、少しづつ基準を決めたら良いです!後輩くんとコミュニケーションとって少しづつ決めたら良いんです!

③「理解はしている後輩」への教育

理解はしてるけど上手く出来ない。

働く女性

「理解はしている後輩」とは、目的・意味・やり方は正しく言えるけど、まだ出来ない・上手く出来ません。
こういう場合は、”練習・実践”が必要です!ここまで来てようやくトレーニングですね!

  • どれぐらい出来るか実施テストをしてみる。
  • 手出し口出ししながら一緒にやってみる。
  • サポートしながらやってみる。
  • やらせてみて、いざとなったらカバーする。

など、実際に手と足と口でさせてみましょう!ただし、やらせて放任はダメです!
先輩としてトレーナーとして、目を離さないで見てあげてください。

④「だいたい出来る後輩」への教育

今の不安や悩みや疑問を聞く

働く女性

「だいたい出来る後輩」とは、決まったことは出来るようになったが、応用が利かなかったり、想定内のことしか出来ずに、臨機応変な対応は出来ません。
こういう場合は、カウンセリングです。今の不安や悩みや疑問を聞いて、もっと上手く出来るようになるには何をすれば良いか確認してみましょう!

  • 一緒にランチしてみる
  • 仕事帰りにオシャレな店でご飯食べる
  • 少し職場を出て話を聞いてみる
  • 一緒に現場で状況を確認してみる

など、どんなことをネックになって、さらに上達が出来ないのかを聞いてみましょう!以外と問題も簡単に解決できるもんです!

コツとしては、知識と技術的な問題であれば、現場を一緒に確認することが大切です。考え方に問題がある場合には、会社や勤務先を出て外で話すことが大切です。

⑤「より良く出来る後輩」への教育

更なる高みを期待せよ!

働く女性

「より良く出来る後輩」とは、6割ほどは自分で成果を出すことができます。自分で良くなる方法を考えて実践することができます。
こういう場合には、後輩くんがとても良いアイデアなどを持っていることがあるので、じっくりと話を聴いてみましょう!

  • 会議室でアイデアを発表してもらう
  • 課題を与えてトライしてもらう
  • 後輩くんの意見を話してもらう場を作る
  • やっていることを見せてもらう

など、どんどん自主的に動ける場を作ってあげてください。その場を用意するのは先輩の役目です!
ただし、まだ自信がない後輩くんには、トレーニングさせて自信を付けさせてみましょう!

まだ放任はダメです!

より良く出来る後輩が出来たらチャンス!

先輩として飛躍するコツとして大事なポイントがあります。

より良く出来る後輩くんが出来たら、その後輩くんがどんな行動をしているのかを具体的にリストにしてみましょう!
なかなか上手くいかない後輩くんと、違うやり方や、違う行動をしている可能性が高いです!

上手く出来る後輩のやり方をリストにして、上手く出来ない後輩くんにさせてみると、上達する可能性があります!
モデル後輩くんとして、観察してみましょう!もしかしたら、自分も上達するチャンスです!

⑥「人に教えることが出来る後輩」への教育

これが出来て初めて一人前!

働く女性

一人前というのは【人に教えて、人を育てて、人を成長させることが出来る人】のことです。

もし、このブログを読んでいるアナタがまだそれが出来ていないのであれば、⑤の「より良く出来る人」で止まっているかもしれませんね!

あなたは、⑥の「人に教えることが出来る人」になれたら、きっとアナタのバタバタとした忙しさは無くなり、もっと楽しく後輩くんと仕事を出来るかもしれませんね!

まとめ

株式会社メルシーも挑戦中!

僕たち自身も、今このことに挑戦しています!まだまだです。とっても難しいですし、とっても時間がかかります。簡単にはいきません。
社員のみんなも頭抱えてますwww 自分のやってることを仕組みにする大変さですwww

ですが、このステップを踏むことで、誰が上手く出来るのか?この人は何が上手なのか?などが分かるようになりますし、コミュニケーション量が圧倒的に増えます。

毎日閑散として、空気の悪い職場だと病気になっちゃいます。明るい職場にして、楽しく働くためにも「教え合い」が出来る場を作りましょう!

今の生活のために生きてますか?

それとも、未来の生活のために今を生きますか?

僕たちは後者の”未来の生活のために今を生きる”を取りました!

The following two tabs change content below.
代表取締役 松田潤
『60歳までに佐賀を女性の輝く街にする!』そんなミッションを掲げて活動しています! 大阪の高校を卒業後、大阪モード学園でスタイリリングを学び、2011年8月に地元の佐賀で奥さんとレディースセレクトショップ『merci』スタートしました。九州各地からオシャレSNS女子が集る『merci』の秘密兵器として、経営企画やプロモーション、社員教育を行っています。 昔からオタク気質で、気になったら調べものして研究するクセがあります。とにかく本を読むのが好きです。週末に小学5年生の娘と2人でモーニングをするのも好きです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

コメントはこちらをクリック

関連記事

最新記事

ブログの読者になると新着記事の通知を
メールで受け取ることができます。
読者登録はコチラ
LINE@で友達になると新着記事などの通知を
受け取ることができます。
LINE@友達登録はコチラ
PAGE TOP
LINE it!