ワタシの偏愛ボトムス ーボトムス選びって、楽しい。ー

  • シェア
  • twitter
ワタシの偏愛ボトムス ーボトムス選びって、楽しい。ー

こんばんは!MERCIのはなえです。
先日公開した↓の記事、たくさんの方に読んでいただけたようです。
ありがとうございます!

『MERCIにしか無い』 を届け続ける意味。

今日からは、ワタシたちが出会った本当に大好きな「ボトムス」についてのお話を連載記事(全3回)にしていきたいなと思います。
第1回目の今日は、ファッションのお仕事をする中で、ボトムス選びについて感じたことをまとめました。

ワタシの偏愛ボトムス、見つけた!

ボトムス選びって、楽しい。

ボトムス選びって、ファッションが好きな人はとくにすごくこだわるものだと実感しています。

クローゼットの中を見てみると、、、ボトムは比較的シーズンに左右されずに活躍するアイテムですよね。全体の着こなしに与える影響も大きい。
そのボトムが、自分の体形・スタイリングにはまっているかどうかで、コーデ全体の見え方が変化してくるものだからこそ、スタイリングのベースになるボトムにはとことんこだわりたい!と思ってしまいます。

ボトムスのサイジングには絶対こだわりたい。

わたしがオシャレの参考にしている人たちは、ボトムスのサイジングにとにかくこだわってらっしゃいます。

季節はいよいよ冬に差し掛かり、お気に入りのニットやアウターを買い足していくころでも、まずは「このボトムがあればなんかまとまる!」「履くと気分があがる!」そんな偏愛ボトムスとの出会いを忘れないでほしいんです!

偏愛できるボトムが1本クローゼットにあれば、毎日のコーデがランクアップするので。
「これ!」ってピンとくるボトムに出会う瞬間の高揚感を楽しんでほしいなとも思います。

偏愛ボトムスはここで見つけました。

これまで私は、ボトムス、特にパンツにはあまり投資してきませんでした。

ファッションは大好きなのに、ボトムってずらっと並んでいるのを見るとどれも同じなような気がしたり、、自分のサイズがどれだかわからなくて試着をためらったり、、、なんとなくで選んだり、そんな経験がある方も少なくはないんじゃないでしょうか?

でもワタシは「SHINZONE」のボトムと出会って、その考えがクルッと変わりました!

ワタシの場合は「HIGH WAIST DENIM」(終盤に詳細載せます)が最初だったでんですが、、初めて見たときは確かにハイウエストだけど結構ゆったりしたシルエットだし太ってみえないのかな?と、、なんとなーく思ったりしましたが、まあとりあえず履いてみようと思ってはいてみたんです。

履いてびっくりしました、、、。

ウエストはかなり高い位置でしっかりつつんでくれて、かつヒップラインには沿いすぎない。
後ろ姿までなんかいい感じ、、、
もも周り裾周り程よいゆとりがあるストレートシルエット。
全然太って見えないし、むしろ足のびた?みたいな感覚(笑)

実際に履いて「SHINZONE」のボトムの本当の良さに触れました!
何でもそうなんですけど、絶対に私はこのカタチ!このサイズ!この色!とか決まっていることはなにもないんだなーと思います。
自分の今の気分、どんなシルエットで着たいのか、どのトップスにあわせたいのか、その一つ一つの気持ちで「欲しい」ボトムってかわってくる。

「SHIZONE」のボトムにはどれも作り手の「想い」「願望」が乗っかっているので、そこに自分の気持ちがフィットするとたちまち虜になってしまうんだと思います!

次回は、、

女性たちが「SHINZONE」ボトムスを偏愛するワケ

「SHINZONE」のボトムは「GISELe」や「GINGER」など私たちにとって身近な雑誌にもよく掲載されていたり、インスタグラムでもそのファションに注目が集まっている女性たちが多く愛用しています。

実際に「#シンゾーン」などで検索してみると多くの投稿を見ることが出来ます。
これほどまでに「SHINZONE」ボトムを女性たちが偏愛する理由ってなんなんでしょう?
次回は、その「ワケ」をお話ししたいと思います!

 

The following two tabs change content below.
WEB係 芦塚はなえ

WEB係 芦塚はなえ

WEB担当merci
2017年の4月に株式会社メルシーに入社しました!
主にWEBSHOPの運営や撮影、PRを担当しています。
WEBSHOPを通じて全国のお客さまに喜んでいただくためにはどうしたら良いか、日々模索しています!

趣味はお買い物と映画を観にいくこと。
家で本や雑誌を読んだり、ドラマを観るのも好きです!
よろしくお願いします。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

コメントはこちらをクリック
PAGE TOP
LINE it!